東京の格安ホームページ制作

東京の激安ホームページ制作です

お問合せ大歓迎!!

050-5274-3992

受付:月~金10:00~18:00

ヘッダーバナー

Archive for the ‘ホームページ制作’ Category

格安ランディングページ制作開始しました

2018-03-17

格安ランディングページ制作開始しました

集客方法と同時に取り組むべきアクセス解析

2016-04-14

ホームページの集客方法には、色々な種類があります。
これらの効果を知る為には、アクセス解析を行うべきでしょう。
アクセス解析を行えば、今行っているホームページの集客方法が間違っているのか?正しいのか?といった事もわかります。
その為、ホームページの集客方法と同時に行うものと考えるべきでしょう。

例えば、最初からアクセス数の多いホームページを作るのは難しいでしょう。
そこで、色々な種類の集客方法に取り組む事で、アクセスアップへと繋げていくのです。
しかし、この集客方法も常に正しいとは限りません。
そこで、現状を把握し、一体何が問題点なのか?を洗い出すのに必要になるのが、アクセス解析と言う訳です。

つまりアクセス解析がなければ、現状の把握はおろか、問題点の洗い出しも出来ません。
これでは問題点も把握できず、ホームページを改善していくのは不可能となってしまいます。

アクセス解析のサービスを提供している業者は多く、無料のものもあれば、有料のものもあります。
中でも、コストを抑えながらも使い勝手が良いという点で、多くの会社や企業に取り入れられているのが、検索エンジンでお馴染みのGoogleが提供しているサービスです。
これは「Google Analytics」と呼ばれており、インターネット上で手軽に利用する事が出来ます。
しかも無料で使える上に高機能である事から、ホームページ作成のプロなども利用を推奨しているほどです。

「Google Analytics」では、自由に指定した期間のアクセス数を調べる事が出来ます。
また、ユーザーがどこからやってきたのか?といった事も調べる事が出来ます。
具体的には、どのような検索エンジンを使ってやってきたのか?といった経路まで、無料ながら調べられます。

しかも、どのようなキーワードで検索されているのか?というキーワードもわかります。
これを活用すれば、PPC広告といったキーワードに関するホームページの集客方法に取り組んでいる場合、役立つ事間違いありません。
また、逆にこれからPPC広告を行う場合に、設定すべきキーワードも見えてくるはずです。
さらに、検索されやすいキーワードを盛り込んだ、ランディングページの作成なども、考えられるでしょう。

このように「Google Analytics」は無料ながらも、ホームページの集客方法として活用できる機能がたくさんあります。
より効果的な集客に取り組む為には、是非とも活用すべきでしょう。

集客に繋げるなら質の高いサテライトサイト

2016-02-14

サテライトサイトは、ホームページの集客方法の一つに挙げられています。
メインサイトではないものの、宣伝したい商品やサービスに関する情報を配信していくので、セカンドサイトとも呼べるでしょう。
そんなサテライトサイトに、ブログを利用する会社や企業もあります。
ただし、ブログを利用する場合には、注意するポイントがあります。
それは、無料ブログを利用しないという事です。

無料ブログの更新が、全くもって集客方法として効果がないとは言い切れません。
しかし、どれだけ無料ブログの内容を充実させたとしても、それは無料ブログのままです。
しっかりとしたセカンドサイトを作りたいと考えているのであれば、独自ドメインを使って、基礎を固めるべきです。

また、セカンドサイトもいまや量より質が求められる時代です。
そこで、1つのホームページとして、立派なコンテンツを作る必要があります。
立派なコンテンツを作る場合、目安となるのが文字数です。
そこで、最低でも文字数が700文字を越えるような、コンテンツを目指しましょう。

さらに、メインサイトとキーワードの関連性を持ったコンテンツを作る事も大切です。
全くキーワードの関連性がないと、検索エンジンで上位に表示したいメインサイトへの効果が期待できません。
これなら作っていないのと同じになってしまうので、関連性のあるキーワードを選ぶ事は重要です。

そして、量より質が求められる時代だからこそ、サテライトサイトはしっかりと絞り込みましょう。
中には、数百を越えるサテライトサイトを所有している業者もあります。
しかし、質が低ければ、どれだけの数があろうとも、効果は期待できません。
むしろ、運営にかかる費用だけがかさんでしまいます。

それなら運営ではなく、コンテンツの制作に力を入れ、費用を活用した方がよっぽど有意義です。
立派なコンテンツを持ち、セカンドサイトと呼ぶに相応しいサイトを2~3サイト運営した方が、集客方法としては効果が期待できます。
しかも、2~3サイトなら管理も行いやすく、運営面で損はないでしょう。
そして、単なる誘導サイトと考えず、単体でもメインサイトに負けない価値のあるサイトとして作りこむべきです。

最後に忘れてはいけないのが、セカンドサイトからのリンクです。
元々、被リンクは片道の方が高い効果を発揮すると言われています。
そこで、サテライトサイトを作る場合には、メインサイトに片道でリンクを貼るようにしましょう。

顧客リストから始めるホームページの集客

2016-02-11

ホームページの集客方法として、様々な広告媒体を活用する方法は効果が期待できるでしょう。
しかし、広告媒体を使用する前に、自社の顧客リストを見てみて下さい。
実はどんな会社や企業であっても、顧客リストをフル活用しているところはほとんどありません。
これでは、顧客リストの中には多くの宝の山が眠っている状態となります。
そこで、この顧客リストからホームページの集客方法に取り組むのが、先決と言えるでしょう。

そもそも、ホームページの集客方法における顧客リストとは、どのようなものなのでしょうか。
一般的には、メールアドレスのリストの事を意味します。
この顧客リストをデータベース化していないという会社や企業は、少なくありません。
貰った名刺を整理していなかったり、整理していても名刺を机の中に置きっぱなしにしているという事は、珍しくないからです。

そこでまずは、データベース化を行い、フル活用できる状態に整えましょう。
会社や企業全体で取り組めば、きっと多くのメールアドレスを集める事ができるはずです。
そして、名刺を交換しているという事は、一度は会った事があるという大きな証拠です。
ゼロからアポイントを取ってコンタクトする事と比較すると、圧倒的にメールが送りやすい状況と言えるでしょう。
この状況を、ホームページの集客に利用しない手はありません。

しかし、データベース化を行っても、自社の商品やサービスとはマッチしないからとコンタクトを取らない事もあります。
実はこれも、非常にもったいない事です。
何故なら、商品やサービスとマッチするかどうかは、顧客側が決める事だからです。
つまり、マッチする可能性を未然に潰してしまっている状態なのです。

そこでまずは、定期的にメールを送信する事で、コンタクトを取る事からスタートしましょう。
定期的にコンタクトを取っていると、いざという時にすぐに名前が挙がりやすくなります。
このいざというタイミングは、いつ訪れるかわかりません。
その為に、定期的にコンタクトを取るのです。
そうすればタイミングが訪れた時に、ホームページにアクセスして貰いやすくなると言えるでしょう。

このように、まずは自社に眠っている宝の山を掘り返す事が、ホームページの集客方法の第一歩と言えるでしょう。
これらを全て終えてから、広告媒体を使用しても、遅くはありません。
真っ先に広告媒体に飛びつくのではなく、まずは基礎を固めるといった意味でも、自社の持つデータをフル活用しましょう。

集客に重要なメディア別の文章の書き分け

2016-01-14

ホームページの集客方法では、様々なメディアを活用します。
このメディアに応じた、文章の書き分けを行っているでしょうか?
もし、全く同じ文章を書いているのであれば、せっかくメディアを活用しても、ホームページの集客方法としては成果に繋がっていない可能性があります。
そこで、メディアに応じてどのように文章を書き分けるのか?を、しっかりと学んでおきましょう。

まずは、検索エンジンのキーワード検索からアクセスできる、自社のホームページです。
このホームページは、検索エンジンで上位に表示される事と、アクセスしたページ以外のページにもアクセスしたいと思わせる事が大切です。
その為、キーワードをタイトルに含ませるといった、一般的なSEO対策を施した文章が求められます。
キーワードが不自然に多すぎると、SEO対策としてマイナスになる事もあります。
そこで、関連するキーワードに置き換えるなどして、自然な文章にまとめる事も大切です。

また、他のページにもアクセスしたいと思わせる為には、文章の後半に工夫を凝らしましょう。
文章の後半部分に、他のコンテンツに関する文章をまとめてみましょう。
それだけで、他のページにも興味を抱かせる事が出来ます。

続いて、情報拡散力の強い集客方法とされている、SNSです。
このSNSでは、投稿する内容を大きく3種類に分類する事が出来ます。
それは、日常を伝える投稿、質問、疑問、クレームに答える投稿、キャンペーンや企画の投稿の3種類です。
一般的に、日常を伝える投稿以外は、Web担当者ではなく商品やサービスの担当者が行うものでしょう。
そこで今回は、Web担当者が担当する事の多い、日常を伝える投稿の書き方をご紹介します。

日常を伝える投稿となると、どうしても事実を端的に述べるだけになってしまいがちです。
しかしこれでは、せっかくSNSを使っても情報拡散が行われる事はまずないでしょう。
そこで、SNSを活用しているユーザーが共感するような文章を、書く必要があります。
共感をする事でユーザーは公式RTや「いいね」といった情報拡散行動を行います。
その為、キーワードを盛り込むといった事よりも、ユーザーが共感するような文章作成に、力を入れましょう。

このように、ホームページの集客方法で使用するメディアによって、文章の書き分けを行う事は非常に重要です。
きちんと書き分けを行えれば、それだけ集客方法としての効果も期待できると考えて良いでしょう。

見込み客の集客方法ならランディングページ

2015-11-14

ホームページで集客を行う場合は、ただホームページを作るのではなく、そのホームページに明確な目的を割り当てましょう。
何故なら目的を明確にする事で、どのような内容のページを作れば良いかが、より具体的になるからです。

見込み客の集客方法が目的の場合は、ランディングページを作成するのが良いでしょう。
これは、リンクや広告からアクセスするページの事です。
例えば、検索エンジンでキーワード検索を行ったとしましょう。
このキーワード検索の結果でアクセスできるのは、公式サイトです。
そして、PPC広告などをクリックするとアクセス出来るのが、ランディングページとなるのです。

直接公式サイトにアクセスさせた方が良いのでは?と考える方もいるでしょう。
しかしランディングページには、大きく3つのメリットがあります。
まずは、PPC広告などの内容によって、訪れるユーザーの制限が行えるというメリットです。
ユーザーの制限が行えるという事は、そのユーザーに特化したページも作成しやすくなります。

対する公式サイトは、多くのユーザーに対して作成します。
その為、どうしても広く浅くといった作りになってしまうと言う訳です。
また、1つのページに商品やサービスの内容を集約できるというのも、メリットとして挙げられます。
リンクも少なく、複数のページにアクセスする必要がない事から、最後までユーザーに見てもらえる確率が高まります。

さらに、公式サイトを特定のユーザーに対して特化するよりも、圧倒的に費用を抑えられるというのもメリットです。
こうしたメリットから、PPC広告からのアクセス先はランディングページに設定されているのです。
しかし、費用を抑えられるとは言われているものの、かかる費用は10万円から60万円と幅広いのが現状です。
質の良いものを作ろうとすれば、必然的に費用はかかってしまうものと考えておくべきでしょう。

中には、費用削減に、自社でランディングページも作成するという会社や企業もあります。
しかしこれでは、PPC広告から訪れるユーザーに対して最適な内容のものを作るのが難しくなります。
そうすると、せっかくの見込み客を逃してしまう事から、集客方法としては失敗となります。
しかも、作りの良し悪しで、集客率にも大きな差が出る事が、実際にわかっています。
そこで、しっかりとした集客方法として活用したいと考えるのであれば、やはりプロに作成を依頼するのがベストでしょう。

集客に欠かせない魅力的なコンテンツ

2014-11-14

どれだけホームページの集客方法に取り組んでも、肝心のホームページが魅力的でなければ、ユーザーはすぐに帰ってしまうでしょう。
そこで、訪れたユーザーを満足させるコンテンツを作成する事も、集客方法には欠かせないと言えるでしょう。
しかし、そう簡単にコンテンツを作成する事はできないと考える方も少なくありません。
今回は、ユーザーを留まらせるようなコンテンツの作成でのポイントをいくつかご紹介します。

まずは、テーマを設定しましょう。
テーマを設定するにあたっては、ホームページを訪れるユーザーについて考えましょう。
ユーザーは何を求めてやってくるのか?何を知りたいと思っているのか?と深く考えていくと、テーマはいくつも浮かんでくるはずです。
また、ユーザーの置かれた立場によっても、テーマは変わると言えるでしょう。
そこで、どのようなユーザーがやってくるのか?といった点にも、注意してみましょう。

続いて、コンテンツに欠かせない文章の作成です。
文章は、できるだけ綺麗にまとめたいと思う方がほとんどでしょう。
しかし、いくら綺麗にまとめられている文章でも、中身が伝わらなければ意味がありません。
例え綺麗にまとめる事が出来なくとも、中身が伝わる文章の方が、ユーザーを引きつける魅力を持っています。

さらに、文章を書く上で覚えておきたいのが、抽象的な言葉は控えるという点です。
抽象的な言葉は、本当に伝えたい事がわかりにくいと言えるでしょう。
きちんとユーザーと向き合いたいと思うのであれば、抽象的な言葉は極力控えるようにすべきです。

そして、文章の作成に苦手意識を持っている方には、Twitterをオススメします。
Twitterは、限られた文字数で自分の思いをツイートしなければなりません。
しかし文字数が限られていても、Twitterならスラスラ書けるという方も少なくありません。

しっかりとしたコンテンツを作成しなければいけない!と思うと、どうしても固くなりがちです。
Twitterなら気軽に会話のようにツイートが行えるので、そんな緊張をする事もないでしょう。
その為、苦手意識を持っている方はまずはTwitterで、文章によって相手に伝えるという事に慣れるようにしましょう。

また、苦手意識を持っている方に知ってもらいたいのは、文章は誰でも書く事が出来るというポイントです。
書けば書くほど、魅力的なコンテンツへと繋がっていく事間違いありません。
文章力がないからと避けるのではなく、何度も書く事でコンテンツの質を上げていくようにしましょう。