東京の格安ホームページ制作

東京の激安ホームページ制作です

お問合せ大歓迎!!

050-5274-3992

受付:月~金10:00~18:00

ヘッダーバナー

Archive for the ‘sns’ Category

USTREAMによるホームページ集客方法

2016-06-14

動画配信サービスとして地位を確立しつつあるのが、USTREAMです。
このUSTREAMを使えば、ライブ中継が可能となる為、リアルタイムで映像をユーザーに届ける事が出来ます。
会社や企業においては、プロモーション活動の一環として、利用しているところも少なくありません。
決算報告や株主総会の中継、新商品発表といった情報発信が、リアルタイムで行えるからです。

そんなUSTREAMでは、視聴者とリアルタイムで会話を行う事も出来ます。
その為、ユーザーの生の声を知りたいという会社や企業にとっては、大きなメリットでしょう。
しかも、会話を行う事で視聴者との関係性も密になると言う訳です。
こうした会話などは、SNSを通して行われるものです。
それにより、TwitterやFacebookといったSNSの持つ、情報拡散力も利用する事が出来ます。

しかもUSTREAMは、専用回線や専用サーバーの準備といった、ライブ中継に必要な準備が不要です。
これらの準備には多額のコストが必要となる為、大企業以外では利用するのが難しいと言われてきました。
しかし、USTREAMを利用すれば、大幅なコストダウンが実現できるのです。
その為、大企業でなくとも利用しやすくなり、今ではホームページの集客方法にも数えられるようになったのです。
実際に、新たなユーザーを獲得する上で効果を発揮すると言われています。

また、ライブ中継を行った映像は、録画して保存する事が出来ます。
そこで、保存した動画をyoutubeにアップロードすれば、youtubeによるホームページの集客方法も併用できると言う訳です。
毎回保存した動画をyoutubeにアップロードしていけば、当然動画の数も増えて行き、ユーザーを獲得できる間口も広がります。
そうすると様々な角度からホームページへの集客が可能になるので、ただライブ中継を行うのではなく、出来ればその映像を蓄積し、活用して行きましょう。

しかし、何でもリアルタイムで流せば良いと言う訳でもありません。
例えば、画質が悪かったり、音声が聞こえにくいものを流したところで、効果が期待できるでしょうか。
当然ですが、これらをずっと見続けてくれるユーザーはいません。
その為、ユーザーを引きつけておく為にも、高画質、音声が聞き取りやすいといった環境でのライブ中継を心がけましょう。

また、質の悪い映像を流すという事は、会社や企業にとってもマイナスイメージとなります。
マイナスイメージのある会社や企業のホームページに、アクセスしてくれるユーザーはまずいません。
そこで、マイナスイメージを抱かせないようなライブ中継を行う事が、ホームページの集客方法としては重要です。

利用者が増加傾向にあるLINE@とは

2016-03-14

ホームページの集客方法として、利用者が増加傾向にあるのが、LINE@です。
LINE@を利用すれば、ユーザーと直接繋がる事が出来ます。
これはお問い合わせ機能と呼ばれる機能を活用するものです。
お問い合わせ機能を利用すれば、どのユーザーであっても直接問い合わせが行えます。
その為、ユーザーとのやり取りが可能になると言う訳です。

また、LINE@にはお店ページ機能も搭載されています。
お店ページ機能を利用すれば、LINE内にホームページを作成する事が出来ます。
LINE内のホームページからは、商品やサービスの情報など、様々な情報を発信する事が出来ます。
しかも、お店ページ機能は、スマートフォンに最適化されたデザインで提供されています。
その為、スマートフォンに最適化した自社サイトを所有していないという会社や企業にとっても、便利な機能です。

LINE@にはメッセージ機能もあり、商品やサービスの最新情報をユーザーに直接届ける事が出来ます。
メッセージ機能だけでなく、PRページ機能も活用すれば、クーポンの発行や、リンクボタンも設置が可能です。

充実した機能が魅力のLINE@ですが、会社や企業がホームページの集客方法として選んでいる理由には、コストも挙げられます。
無料プランと有料プラン、どちらを選んでも、初期費用は何と0円です。
しかも無料プランならば、月額費用も0円とあり、コストをかけずに集客が行えるのです。
無料プランの場合、当然ながらメッセージ機能の送信数に制限があります。
ただしその制限も、毎月1,000通までと十分な数ではないでしょうか。

そして、利用できる機能は無料プラン、有料プラン共に同じです。
どちらでも、お店ページ機能、メッセージ機能、PRページ機能、リサーチ機能、統計情報は利用できます。
このように、無料プランでも十分集客に繋がるという事から、利用者が増加傾向にあるのも納得と言えるでしょう。
ちなみに有料プランでは、毎月税込5,400円の費用がかかります。
しかし、メッセージ機能の送信数はこれだけで無制限となるので、お得である事には間違いありません。

しかも、リサーチ機能はホームページの集客方法の1つである、ディベートサイトと同じような働きを持っています。
何故なら、人気投票やアンケートなど、ユーザー参加型のコンテンツを配信できるからです。
これらのコンテンツは、ユーザー情報の取得にも役立つ事から、ディベートサイトの開設を検討中の会社や企業にもオススメです。

効率的な集客方法であるブログの運営

2015-12-14

ブログは、ホームページの集客方法として、効率的と言われています。
何故なら、簡単に記事を作成する事が出来るからです。
しかも記事の作成に関して、Webに関する知識はほとんど必要ありません。
また、空いた時間に記事を作成しておけば、インターネットに接続した際に投稿するだけで、記事のアップロードが終わります。

さらにブログは、ホームページよりもコンテンツの自由度が広くなっています。
商品やサービスに直接触れずとも、その商品やサービスのターゲット層の興味及び関心を惹く記事をアップロードできれば十分です。
こうした特徴から、ブログは効率的なホームページの集客方法と呼ばれているのです。
しかし、いくら外部ブログを更新したところで、ホームページの集客には繋がりません。
必ず、集客したいホームページと同じドメインで、ブログを立ち上げる事が大切です。

また、コンテンツに関しても自社と関連性のあるものを考えなくてはいけません。
しかし自由度が高い分、色々な角度からコンテンツを考える事ができるはずです。
そしてコンテンツを決定したら、今度はキーワードを設定しましょう。
そして毎回このキーワードを1記事に3個から4個盛り込むようにするのです。
そうやって投稿を続けていくと、自然とキーワードとドメインが結び付けられるようになり、そのキーワードにおいて検索エンジンで上位に表示されるようにもなるのです。

より集客方法として効果を高めるには、SNSとの連携が欠かせません。
記事をアップロードしたら、TwitterやFacebookといったSNSで、その宣伝を行いましょう。
Twitterの場合は公式RTが、Facebookの場合は「いいね!」が得られると、記事の共有が行われます。
そうすると口コミ効果も期待できるようになるので、ホームページの集客に繋がります。

ただし、コンテンツが集客に繋げたいホームページと関連性のない場合、外部ブログを選ぶべきでしょう。
何故なら、設定したキーワードと異なる内容ばかりをアップロードしていると、品質の低いコンテンツと見なされる事があるからです。
しかし、スタッフブログや店舗ブログがある事で、リピーター獲得に繋がるケースもあります。
そこで、これらを運営する際には外部ブログを利用すべきでしょう。

いずれのブログを運営する場合でも、自社のホームページにユーザーを引き込む仕掛けは絶対に忘れてはいけません。
リンクを貼る事は勿論、問い合わせ欄を作ってみるなど、仕掛けを上手く盛り込んだ記事を作成しましょう。

オウンドメディアでユーザーにアプローチ

2015-06-14

オウンドメディアでは、ユーザーに直接アプローチが行える関係性を打ち出す必要があります。
その為、単なる自社のサイトではなく、自社の会員サイトなどを立ち上げなければいけません。
また、自社の会員サイトをただ立ち上げれば良いというものでもありません。
必ず、ユーザーにとって有益となる情報を、発信し続けましょう。

例えば、今日の昼食は何を食べた、といったような内容の発信は、ユーザーにとって有益な情報ではありません。
ユーザーにとって有益な情報は、商品やサービスの価値を高められる内容となります。
勿論、商品やサービスの価値を高められる内容を、毎日発信するのはなかなか難しい事です。
しかし毎日は無理でも、定期的に発信し続ける事で、オウンドメディアをホームページの集客に導くでしょう。

ただし、一方的に情報を発信する場ではいけません。
ユーザーとの関係性を構築できるよう、コメント欄や問い合わせ欄を設けましょう。
さらに、メールマガジンを配信するというのも、ユーザーとの関係性の構築に有効です。

そして、オウンドメディアはトリプルマーケティングのハブとなる事を忘れてはいけません。
トリプルマーケティングとは、オウンドメディアとペイドメディア、アンドメディアによって成り立ちます。
ペイドメディアは、費用を支払って行う広告の事で、PPC広告などに代表されるものです。
アンドメディアは、ソーシャルメディアとも呼ばれており、その名前の通りSNSの事です。

この3つの運用を効率よく行う事で、ユーザーの流れを作る事が出来ます。
ペイドメディアやアンドメディアから、オウンドメディアである自社の会員サイトにユーザーを誘導します。
そして、自社の会員サイトに登録してもらえば、そこからリピーターを作る事ができるという流れです。
こうした流れが出来上がれば、ユーザーとの関係性も強固になります。

なお、無理なく運用するには、商品特性や商品価格をチェックする事が大切です。
商品特性が強い、商品価格が高いといったものは、なるべく早く運用を始めましょう。
逆に、商品特性が弱い、商品価格が安いといったものは、ある程度ユーザーが増えてきたら運用を始める方が効果的です。

こうしたホームページの集客方法は、ユーザーにとっては充実した内容に感じられます。
しかも自社の会員サイトから発信される情報が、自分にマッチしているように感じられるので、ギャップが少なく、信用されやすいというメリットに繋がります。

SEO対策と併用したいSNS連携

2015-04-14

TwitterやFacebookといったSNSも、近年はホームページの集客方法に用いられています。
集客を増やしたいホームページとSNSを連携させると、SNSからのユーザーも獲得する事が出来ます。
連携を行わないと、検索エンジンだけからのユーザーしか獲得できません。
そういった事を考えると、連携を行う事は非常に重要な集客方法と言えるでしょう。

実際に、多くのホームページが代表的な集客方法と言われているSEO対策を、既に行っている事でしょう。
それに加えて、SNSを連携させる事で、よりアクセス数を増加させられると言われています。
連携を行っているホームページには、TwitterやFacebookに繋がるボタンが設置されています。
しかもこうしたボタンは、比較的短時間で設置する事が可能です。
その為、追加のホームページの集客方法としても、効果が期待できるでしょう。

TwitterやFacebookなどを活用するメリットとしては、絶大なる情報拡散力が挙げられるでしょう。
Twitterの場合は、ボタン1つで公式RTとして情報拡散が行え、手軽です。
そしてFacebookの場合は、何と言っても実名で登録し、利用している点が大きいでしょう。
友人が実名で「これは良い!」と言っている事を知ると、誰しも気になってしまうものです。

もしこれが、会社や企業が「これは良い!」と言っているとどうでしょうか。
どうしても宣伝としてしか受け止められなかったり、信用できなかったりするケースもあります。
しかし友人が勧めるとなると、信用度も高いですし、友人の客観的な意見として、信用するケースがほとんどです。
その為、友人が良いと言っていた方が、情報拡散を行う確率が高まると言えるでしょう。
こうした情報拡散力を活用出来るのが、SNSを利用したホームページの集客方法におけるメリットです。

また、基本的にSNSは無料で利用できるものばかりです。
その為、会社や企業にとっても利用におけるコストを最小限に抑える事が出来ます。

さらに、SNSはある程度ユーザーの情報も手に入れた上で、活用する事が出来ます。
ユーザーの情報が手に入れば、どのような情報を求めているのか?も必然的にわかりやすくなります。
そうして、ユーザーが必要とするであろう情報を発信すれば、集客に直結します。

特に、ホームページの集客方法として利用する場合、SEO対策との併用が効果的とされています。
併用する事で、口コミによる集客も期待できるようになるので、是非併用して活用すべきでしょう。

集客に活用できるポータルサイトへの登録

2015-03-14

ジャンルに特化した情報を提供してくれる事から、ポータルサイトを利用する方は少なくありません。
しかしポータルサイトに掲載されている情報には、限りがあります。
そこで、ポータルサイトに掲載されている会社や企業のホームページにアクセスするという方も多いようです。
こうした流れを利用すると、ポータルサイトは立派なホームページの集客に繋がるコンテンツと呼べるでしょう。

しかし、せっかくホームページにアクセスしてもらっても、コンテンツが充実していなければ意味がありません。
例えば、ポータルサイトに掲載されている情報と同程度の情報量ならば、アクセスする必要はないとも言えます。
その為、ポータルサイトとの差別化は必須条件であり、まずは自社のホームページを充実させる必要があると言えるでしょう。

既にホームページを充実させているという場合は、積極的にポータルサイトへの登録を行っていきましょう。
ジャンル別、地域別など、現在では様々なポータルサイトが開設されています。
こうしたポータルサイトでは、口コミやランキングなども掲載されているケースがほとんどです。
そこで、商品やサービスのキーワードと共に、口コミやランキングといったキーワードを検索ワードとすれば、いくつかのポータルサイトが見つかるでしょう。

登録に関しては、費用がかかるところもあれば、費用がかからないところもあります。
費用がかかる場合には、費用対効果をきちんと把握した上で、登録を検討しましょう。

また、費用の代わりに相互リンクを求められるケースもあります。
相互リンクを行う時には、相手のページランクをチェックする事が大切です。
何故なら、ページランクが低い相手と相互リンクには、ほとんど価値がないからです。
逆に、ページランクが4以上の相手との相互リンクは、ページランクにおいて有効とされています。
その為、デザインが雑であったり、今後の運営に期待が持てないような相手との相互リンクは控えた方が良いでしょう。

なお、口コミやランキングが掲載されているサイトへの登録は、同業他社と比較される事になるという事も忘れてはいけません。
特に、登録直後は口コミやランキングで上位に輝いているホームページと、比較されてしまう事も少なくありません。
その際に、辛らつなコメントを記入されたりする事もあるでしょう。
しかし、これらを恐れて登録を怠っていれば、いつまでたってもホームページの集客には繋がりません。
特に実店舗を運営している会社や企業は、積極的にポータルサイトを活用し、集客へと繋げていく事をオススメします。

効率の良い集客方法であるPPC広告とは

2015-02-14

ホームページの集客方法の一つとして、PPC広告があります。
PPC広告には色々な種類があるものの、クリックによって課金される広告の総称と考えて良いでしょう。
一例としては、検索エンジンで打ち込まれたキーワードに対して、広告を提示するキーワード広告などが挙げられます。

しかもこのキーワード広告は、画面の最上部や右側に現れます。
特に、画面の最上部に現れるものは、SEO対策を施したホームページよりも、上部に表示されます。
その為、SEO対策を施さずとも、検索エンジンで簡単に上位にホームページを表示させる事が出来るとも言えます。

最大のメリットとして挙げられるのは、何と言っても集客方法が高いという事です。
何故なら、その情報を欲しているユーザーに対して、広告を表示する事が出来るからです。
検索エンジンでキーワードを打ち込み、調べるという事は、その情報を欲している証拠です。
そんなユーザーに対して、効率良くホームページを示す事が出来るので、集客に繋がるのです。

しかもPPC広告は、いわゆるクリック課金型と呼ばれる広告です。
その為、例え何度表示されたとしても、ユーザーによってクリックされなければ、費用が発生しない仕組みになっています。
その上かかる費用も、1クリックで1円からと大変安価に設定されています。
実際に、広告を掲載するジャンルによって、費用の金額は様々です。
しかし、平均しておよそ20円前後とも言われており、非常に効率の良い集客方法となっています。

また、現在は地域を指定して表示させるといった事も可能です。
例えば、店舗が関東に集まっているので、関東にだけ広告を表示するといった事も、不可能ではありません。
こうした地域指定は、都道府県単位で行えるので、全国展開を行っていない会社や企業でも、利用しやすいメリットと言えるでしょう。

さらに、PPC広告は1日あたりの予算を設定する事も可能です。
例えば、1日の予算を5,000円に設定したとしましょう。
この場合、5,000円以上クリックされれば、自動的に広告は掲載されなくなるという仕組みです。
予算の設定は、1日ごとに変更する事ができるので、セール期間中は多めに設定するというのも効果的でしょう。

PPC広告を行う場合、重要になるのがキーワード選びです。
複数のキーワードを設定すると、言葉の数だけユーザーの絞込みが行えます。
ただし、あまりユーザーが検索エンジンに打ち込まない言葉では意味がないので、ユーザー視点で考える事が必要です。

youtubeを活用した集客方法とは

2014-02-14

ホームページの集客方法として、youtubeの利用が挙げられています。
しかし、動画の作成には手間がかかるといった事から、積極的に取り組んでいる会社や企業は少なくありません。
ただ、この現状を逆手に取ってみると、動画の作成にはチャンスがまだまだあると言えるでしょう。
SEO対策によるホームページの集客では頭打ちといった場合でも、動画の作成ならばまだまだチャンスが残っています。
こうしたチャンスがあるという事こそ、youtubeをホームページの集客方法として利用するメリットと言えるでしょう。

また、作成した動画をアップロードすると、最短で翌日には検索エンジンの結果に表示されます。
キーワード次第では24時間以内にページの上位に表示される事も、十分に有り得るのです。
そうなれば当然、ユーザーの目にも留まりやすくなり、ホームページの集客方法として効果が期待できます。

実際に、検索エンジンで検索を行うと、1ページ目から2ページ目にyoutubeに投稿された動画コンテンツが、多く表示されるケースがほとんどです。
特にGoogleの場合、自社のサービスの1つでもある事から、優先的に動画コンテンツが上位に表示されると言われています。
その為、長期間に亘ってSEO対策に取り組むよりも、即効性が期待できます。

さらに近年では、低コストで動画コンテンツを作成できるようになりました。
無料で利用できる動画編集ソフトも数多くあり、多額のコストがかかるという心配もありません。
その為、低コストで検索エンジンの上位に表示させたいといった時には、youtubeの利用が非常に有効であると言えるでしょう。
しかも、商品やサービスを、文章よりわかりやすく表せるとあって、ユーザーの視点にたっても動画コンテンツは便利です。
複雑な仕組みの商品やサービスであっても、動画ならばわかりやすく解説する事が出来るはずです。

しかし、ただ作成した動画をアップロードすれば、ホームページの集客に繋がるというものでもありません。
SEO対策では、ビッグワードと呼ばれるキーワードの検索結果では、上位に表示するのが難しいとされています。
これは動画コンテンツでも同様であり、ビッグワード単体ではなく、複数のキーワードを組み合わせる事が大切です。
複数のキーワードを組み合わせれば、検索結果においても上位に表示されやすくなります。

また、ホームページの集客方法として利用するのであれば、その目的を守った内容に仕上げましょう。
動画を見たら終わりとなるのではなく、そこからユーザーがホームページにアクセスしたくなるような、内容にすべきです。
そこで、紹介文にホームページへのリンクを貼ったり、動画コンテンツ内に「詳しくはキーワードで検索」といった文字を挿入しましょう。
ホームページの集客方法として、youtubeの利用が挙げられています。
しかし、動画の作成には手間がかかるといった事から、積極的に取り組んでいる会社や企業は少なくありません。
ただ、この現状を逆手に取ってみると、動画の作成にはチャンスがまだまだあると言えるでしょう。
SEO対策によるホームページの集客では頭打ちといった場合でも、動画の作成ならばまだまだチャンスが残っています。
こうしたチャンスがあるという事こそ、youtubeをホームページの集客方法として利用するメリットと言えるでしょう。

また、作成した動画をアップロードすると、最短で翌日には検索エンジンの結果に表示されます。
キーワード次第では24時間以内にページの上位に表示される事も、十分に有り得るのです。
そうなれば当然、ユーザーの目にも留まりやすくなり、ホームページの集客方法として効果が期待できます。

実際に、検索エンジンで検索を行うと、1ページ目から2ページ目にyoutubeに投稿された動画コンテンツが、多く表示されるケースがほとんどです。
特にGoogleの場合、自社のサービスの1つでもある事から、優先的に動画コンテンツが上位に表示されると言われています。
その為、長期間に亘ってSEO対策に取り組むよりも、即効性が期待できます。

さらに近年では、低コストで動画コンテンツを作成できるようになりました。
無料で利用できる動画編集ソフトも数多くあり、多額のコストがかかるという心配もありません。
その為、低コストで検索エンジンの上位に表示させたいといった時には、youtubeの利用が非常に有効であると言えるでしょう。
しかも、商品やサービスを、文章よりわかりやすく表せるとあって、ユーザーの視点にたっても動画コンテンツは便利です。
複雑な仕組みの商品やサービスであっても、動画ならばわかりやすく解説する事が出来るはずです。

しかし、ただ作成した動画をアップロードすれば、ホームページの集客に繋がるというものでもありません。
SEO対策では、ビッグワードと呼ばれるキーワードの検索結果では、上位に表示するのが難しいとされています。
これは動画コンテンツでも同様であり、ビッグワード単体ではなく、複数のキーワードを組み合わせる事が大切です。
複数のキーワードを組み合わせれば、検索結果においても上位に表示されやすくなります。

また、ホームページの集客方法として利用するのであれば、その目的を守った内容に仕上げましょう。
動画を見たら終わりとなるのではなく、そこからユーザーがホームページにアクセスしたくなるような、内容にすべきです。
そこで、紹介文にホームページへのリンクを貼ったり、動画コンテンツ内に「詳しくはキーワードで検索」といった文字を挿入しましょう。