内部SEO対策

SEO対策の必要性について

145ネットユーザーは、目的に応じてキーワードを打ち込み、yahooやGoogleの検索結果の中から必要な情報を取得します。検索ユーザーの行動パターンは最初から2~3ページくらいまでを閲覧して、見つからない場合違うキーワードで検索しなおし情報にたどり着くと言われています。つまり有効なキーワードで検索の際自分のホームページが1~3ページ以内に表示されなくては存在していないことと同じで上位表示されなければアクセスが見込めないと言えます。
そのためにSEO対策が必要になります。一般的に検索エンジンで上位表示をする技術をSEO対策と呼びます。

弊社の行う内部SEO対策について

SEO対策は外からリンクを張って上位表示させる外部対策と、内部を最適化する内部対策がございます。標準サービス内では内部対策を中心に対応させていただきます。
まずSEO対策の最も重要なツボとしてあげられるのは『タイトルタグ』『h1タグ』『メタデスクプルション』『内部リンク調整』『内部コンテンツの質』になります。
これらを調整することにより、上位表示達成の可能性が高まります。
競合が少なく難易度が低いキーワードなら先に挙げたで上位表示が可能な場合もあります。しかし競争が激しいキーワードの場合は、内部SEO対策だけでは上位表示が困難になりますので、本格的な外部SEO対策が必要になります。弊社では別途オプションサービスで本格的なseoサービスも提供していますので、よりアクセス数アップを目指すお客様はこちらをご利用ください。
『PC格安プラン』『スマホ対応プラン』では下記のSEO対策に則り、SEO対策シートをお客様にお送りしますので、お客様の方でシートを記述ください。こちらの方で問題ないか確認してwebページに反映させていただきます。
以下が内部SEO対策の主要ポイントになります。

タイトルタグの設定

タイトルタグはwebサイト表面的な部分では表示されませんが、webブラウザーのタブやgoogleなどの検索エンジンの一覧表示のタイトル部分に表示され、SEO対策上最も重要な急所といっても過言ではありません。そのため。ここの設定は必ずヒットしたいキーワードを入れることをお勧めします。例えば、『池袋 レンタルスペース』でヒットさせたい場合は『池袋でレンタルスペースを探すなら●●株式会社』のようにキーワードを入れた方がいいといえます。

タイトルタグとデスクリプション
タイトルタグの推奨設定項目になります。

  • キーワードの羅列はNGです文章として正しいタイトルが望ましいです

    良い例:1時間1000円~池袋でレンタルスペースを借りるならKスタジオへ

    悪い例:池袋 貸し会議室 kスタジオ

  • 19~35文字くらいの文字数が好ましい
  • ヒットさせたいキーワードを前の方にするのが望ましい
  • ヒットさせたいキーワードは重複しないキーワードのみ使用

メタディスクリプション

メタディスクリプションはタイトルタグと同じように表面的はwebサイトに表示されませんがgoogleなどの検索エンジンの一覧表示のタイトルの下の説明部分として表示されます。ページに何が記載されているか概要について記載します。ここにもヒットさせたいキーワードを入れて記載することが望ましいです。
ページに何が記載されているか概要を記述するので必然的にキーワードが含まれる文章となります。

デスクリプション
メタディスクリプションの推奨設定項目になります

  • 文字数は71~182文字以内が最適です
  • できればキーワードは重複しないようにしましょう。

メタキーワードの設定

メタワードはWebページの情報を検索エンジンに伝えるタグのことです。上記にタイトルタグやメタディスクリプションタグは
検索エンジンの一覧などに表示されるのに対して、こちらのタグは視覚的にいうと、webページにも検索一覧ページにもどこにも表示されないタグとなります。SEO対策の歴史上スパムが横行したためか現在メタキーワードは現在googleのSEO対策としては一切効果がなくなっており、GOOGLEのクローラーはメタタグを無視します。しかしgoogle以外の検索エンジンは参考にする可能性がありますので、設定しておいて損はありません。

h1タグの調整

h1タグはそのページの大見出しになります。これは実際にwebページに記載されるものになります。これもSEO対策上大切ばタグとなります。

h1タグの推奨設定項目になります

  • 検索にヒットしたいキーワードをいれて文章をつくります。キーワードだけに羅列はNGです。
  • 文字数は7文字から26文字が最適です

キーワード比率

ページ本文の内容にも『ヒットさせたいキーワード』を入れてそれに関連する言葉で構成された方が上位表示率がアップします。キーワード比率の目安として昔は「キーワード出現率は5%や10%」と言われておりました。最近ではgoogleの検索エンジンの精度が上がり、検索エンジンが文章の内容を理解できるようになっているので、昔ほど比率にこだわる必要性がありません。むしろ読みやすさやオリジナリティ重視したユーザー満足度の高いコンテンツを表示の方が上位表示しやすくなってきております。そのため以下あくまでも参考にしてください。キーワードはできるだけ特定段落のみに集中して記載するのでなく満遍なく全体にキーワードを絡めて文章を作成することがいいです。

キーワード比率の推奨設定項目になります
1ページ2000文字の場合
『単語A』+『単語B』の複合検索の場合:単語Aの 理想個数:13~27個  単語bの理想個数 11~21個
1ページ4000文字の場合
『単語A』+『単語B』の複合検索の場合:単語Aの 理想個数:25~49個  単語bの理想個数 20~40個

ページ内リンクのアンカーテキスト最適化

seo対策では外部リンク内部リンク問わず『リンク』がとても重要、その情報を順位のランク付けに利用しています。特に重要なのは『アンカーテキスト』『アンカーテキスト』はリンク内に含まれている文字のことです。具体的にはページ内リンクを張る際ヒットさせたいキーワードを入れてリンクを張ることが重要とされます。何故このような記載がいいかというと『アンカーテキスト』を入れることにより検索エンジンがリンク先のページの内容を理解しやすくなるからです。検索エンジンが理解しやすく検索エンジンの回遊性が向上。下層ページもインデックスされやすい

ページ内リンクの推奨設定項目
検索上位にしたページを対象に下記の良い例を参照に検索にヒットさせたいキーワードを入れてページ内リンクを設定してください。
良くない例:詳細はこちら
良い例:池袋のレンタルスペースの詳細はこちら

適切な数の画像を入れる

文章だけの記事だと読みにくくなりますが、適度に画像が入っていると文章が読みやすくなりユーザビリティーを考え、文章と同時に画像も入れることがSEO対策につながります。

画像要素に適切なaltタグを記述する

altタグとは、ウェブサイト上にある画像についての情報を記述するHTMLのタグのことです。テキストブラウザを利用しているユーザーや画像が表示されないweb環境のために「画像の代わりとなるテキスト」が表示されます、表示される内容がaltタグの内容になります。

    altタグの推奨設定項目

  • alt属性を記述する際は、キーワードを気にするのではなく、純粋に画像を簡潔に説明することを心がけるようにしてください。
  • 1~24文字いないが適切な文字数です