東京の格安ホームページ制作

東京の激安ホームページ制作です

お問合せ大歓迎!!

050-5274-3992

受付:月~金10:00~18:00

ヘッダーバナー

ホームページ制作で重要な原稿の作り方

ホームページを制作する全工程の中でも、大きな時間を占めるのが、ホームページデザインと原稿の制作です。
どちらも、制作する側が全て考えなくてはいけないので、考える時間と手間がかかりますし、原稿制作に関しては、相手に分かりやすく伝える為の文章力も必要になってきます。
商品やサービスを提供するホームページを制作した際に、アクセスした人が、資料請求や問い合わせ、商品購入に至るのか、このページから去ってしまうのかを決定する要因の1つとなるホームページの中身なので、いかに重要かということが分かりますね。
しかし、ホームページに掲載する原稿なんて、どうやって書いたらいいのか分からない人が多いと思います。
そこで、原稿制作の基本的な構成とポイント紹介します。

まず、原稿を考える前に、作りたいホームページの内容から、大まかにページ構成を考えます。
各ページでどのような情報を紹介するのかを大まかに決めれば、自然とその内容にあった原稿を考えることができるようになります。
ページ構成が決まったら原稿制作に移ります。
原稿の構成は、基本的に「タイトル」と「本文」で成り立っています。
長い文章や、区切りが必要な場合は「小見出し」を使って、より読みやすく分かりやすい体裁にしましょう。

次に、原稿を書く時のポイントを紹介します。
一番重要なのは、ホームページに訪問してくれた人に対して、何を伝えたいのかを明確にすることと、それを分かりやすく構成することです。
原稿の構成は先に紹介した内容ですが、それをホームページ内でどのように表現するかも大事になってきます。
その為にページ構成を考えておく必要があるという訳です。
原稿の中に、自分が伝えたいことが分かりやすく表現されているのか、読む人が分かりづらいと感じないかがポイントになります。
内容が良くても、専門用語や馴れ馴れしい言葉使いが多い文章では、分かりづらいどころか、読む人を不快な気持ちにさせてしまいかねません。
「です」「ます」調で、読む人の気持ちになって原稿制作をすれば、それほど難しいと感じることはなくなると思います。

くどいようですが、ホームページに掲載する原稿は、興味を持ってホームページに来てくれた人が目を通す一番大事な内容になります。
伝えたいことを上手く表現できないと成果に結びつきません。
原稿制作には時間をかけて、しっかりとした内容で分かりやすく伝える原稿を作るように心がけましょう。